個別や集団

ヒントを与えている教師

医学部に入ることを目指しているなら予備校に通うとよいでしょう。予備校といっても数多くあります。できれば浪人はしたくない、いい予備校を選んで医学部に合格したい、そんな気落ちもあると思います。では、医学部合格を目指すにはどのような予備校を選んだらいいのでしょうか。
医学部予備校とは、医学部受験に特化したコースやクラスを設けている予備校のことをいいます。浪人生だけでなく現役生も利用できる予備校がほとんどです。
医学部予備校といっても、個別指導、少人数制、集団指導などさまざまあります。どのような学習方法が学びやすいのかを考慮して選ぶとよいでしょう。
周りに多くの人がいると勉強に集中できないようなら個別指導や少人数制があっている可能性があります。少ない人数なら周りを気にせずに勉強に集中することができ、疑問点があったときに恥ずかしがらずに質問できることでしょう。また、個別指導や少人数制は生徒一人一人のペースにあわせて授業を勧めてくれるメリットもあります。
しかし、周りと競争をした方が意欲が高まるという人には向いていません。集団指導の場合、周りとの競争心が生まれます。テストがあれば結果を貼りだす予備校なら、クラスの中での自分の順位がわかります。順位が低ければもっと頑張ろうという意欲が生まれることでしょう。あいつには負けられないというライバルもいるはずです。周りと比較してもっと頑張ろうという意欲が出てくるタイプなら、集団指導が向いています。

トピックス一覧

生徒に喝を入れているようだ

「医学部に合格したいなら、予備校へ通うことは必須です!」のトピックス一覧です。

// more...